名取由稀江オフィシャルブログ
2013.12.21

アメリカ最大のネイル業界メディア【Nailpro】に、当校が経営しているニューヨークのネイルサロンが紹介され、インタビュー記事が掲載されました♪

当校校長の名取先生が経営をしているニューヨークのサロン「Yukie Beauty Spa NYC」がアメリカ最大規模を誇るでネイルに関して一番信頼のおける情報を発信しているメディア、【Nailpro(ネイルプロ)】で大々的に紹介されました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★その紹介された掲載記事を見るにはコチラ⇒http://bit.ly/IYMhoUv
(インタビュー記事は英文の為、日本語への翻訳バージョンをこのブログ記事の末尾に掲載しております。皆様ご覧下さいませ。)

★ニューヨークライセンスやニューヨーク最新情報はコチラ⇒http://www.empire-ny-callege.com/

★日本に居ながらニューヨークネイルライセンスを取得したい時はコチラ⇒http://www.ny-beauty.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

記事をご覧頂けましたか?

皆さんも実際【Nailpro】に紹介されるような名取校長直営サロンがどんなサロンなのか気になりますよね?

★日本のネイルサロンと何が違うのか?
★ニューヨークで流行っているネイルって何?
★日本の女性がアメリカニューヨークで経営者として成功するには何が必要なの?

などなど、将来独立したい!有名になりたい!海外で仕事を持ちたい!自由でいたい方は皆さまご興味があると思います。

実際に名取校長経営のニューヨークのサロンに行ってみると少しそのヒントが分かるかもしれませんよ♪

今ネイリストとして活躍されておられる方は、
一度名取校長のニューヨークのサロンでインターンとして研修を受けてみると、
現場の雰囲気が分かると思いますよ♪
ぜひ、インターンを体験してみて下さい!

インターンをしながら提携している語学学校に通って
英語の勉強も一緒に出来ますよ♪
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

インターンや語学留学についてのお問い合わせは下記まで
【エンパイア事務局】
電話:03-5159-7377
メール:info@ny-beauty.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私も将来ニューヨークで働きたいと思っておられる方は、

まずニューヨークのネイルライセンスを取得することから始めて下さいね♪

一歩一歩、夢を現実にしていく為の日々の努力が、貴方を成功へ導きます。

ニューヨークのネイルライセンスを取得したいなら↓↓↓
エンパイアニューヨークネイルスクール東京(スクールサイト⇒http://www.ne-beauty.com)

このスクールの特徴は・・・

①日本に居ながらにしてニューヨークのネイルライセンスに必要な知識を学ぶ。
②ライセンス試験の時のみ約1週間ニューヨークに渡米する。
(受験時にニュー―ヨークサロンも見学できます♪1週間の渡米なら日本で現在お仕事している方でも取得可能♪)
③名取校長のニューヨークのサロンでインターンが出来る!
④日本ネイリスト協会認定校なので日本の検定同時取得も可能♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

詳しくは、下記までお問い合わせ下さい。
【エンパイア事務局】
電話:03-5159-7377
メール:info@ny-beauty.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここからは、NailProインタビュー記事、日本語翻訳バージョンです☆

——————————————————————-
ネイルプロの新しい企画「ネイルプロファイル」へようこそ!
私たちは、国中、世界中のネイルサロンオーナーをハイライトします。
今週はニューヨークシティのネイルサロンオーナー、Yukie Natoriにお話を聞きました。

ネイルプロ:どのようにして、サロンのオープンを決意しましたか?(面貸しや、雇われではなくオーナーになったきっかけ)

Yukie : 私はビューティシャンで(ヘアスタイリスト、ネイルアーティスト)日本の東京に生徒数300名のネイルスクールを15年間経営しています。(Empire New York Nail School  www.ny-beauty.com)
このネイルスクールは、アメリカ最大の美容学校の日本校だったため、日本の生徒をアメリカに美容留学させるために、必然的に私も日本とニューヨークの半々の生活となりました。そして、日本の学生とともに、日本のアートスタイルと、アメリカのテイストをミックスさせたネイルサロンをニューヨークにいつかオープンさせたいと思っていました。 これは、私と私の生徒たちの夢でした。
そんな中、NYのブティックオーナーから、ブティックとコラボして、トータルビューティーサロンをオープンさせないかとのオファーをもらい、投資をして、NewYork,2nd Avに3000Sfのトータルビューティースパ「Spa Martier]をオープンさせました。現在このサロンからネイルサービスを独立させ、より便のいいニューヨークの中心部に新しいサロンをオープンさせました。私にとって今までの美容経験が活かせる新しいチャンスだったので、迷いなくこの2店舗のオープンを決めました。私の背中を押してくれているのは、いつも、私の大切な生徒たちの情熱。彼女たちとともにこれからも新しいチャレンジをしていきます。

ネイルプロ: 他のサロンとの違いはなんですか?
Yukie: 私はお客様の「時間」を大切に扱いたいと思っている。 私たちのサロンでは時間に追われず、ゆったりリラックスした時間を過ごして頂きたい。そのためにゆったりとした雰囲気づくりと接客を心がけている。そして何よりも、お客様の爪は宝物。使用するものは、最先端で安全、そして高品質な最高級なものを取り入れたい。
そして一番こだわっているのはスタッフの技術を管理し、高度に保つこと。彼女たちは、200時間以上のマニキュアテクニックを学び、300時間以上のアートテクニックを学んだ。そして、常に練習に励んでいる。彼女たちのテクニックを一度体験して欲しい。

ネイルプロ : 一番人気のあるサービスを教えてください。
Yukie : ジェルポリッシュではない、本物のジェルネイル(ソフトタイプ)。約500色以上のカラーを取り揃え、シンプルな一色塗りで3週間以上もつ。
マニキュアは、もはや爪を強化しないが、この本物のジェルネイル(ソフトタイプ)は適度な厚みと柔軟性を持つので、どんな爪もしっかりと保護する。通気性があり。軽い着け心地。ツヤ感も持続する。これを高いネイルテクニックで提供する。
もう一つは、日本からのアートプロダクツを使った、品のあるジェルアートテクニック。私は一か月に一度、日本とニューヨークを行き来しているので、日本からの常に最先端なアートテクニックやプロダクツを取り入れることが可能だ。 爪はもはや指先の自己表現の場。自分だけのオリジナルファッションとして楽しんでほしい。

ネイルプロ: どこのプロダクツを使用していますか?何故選びましたか?
Yukie :カルジェル、バイオスカルプチュアジェル。どちらもジェルブランドとして最高級品である。 自然でナチュラルな樹脂を含み、爪に非常に穏やかなジェルプロダクツ。
ジェルアートには、純日本産の「ベラフォーマジャパン」。日本のプロネイルアーティストたちに絶大な支持を得ているブランド。発色がよく、どんな繊細で複雑なアートにも対応できる。これらの高品質なブランドジェルを、お客様の爪の状態に合わせて使い分けている。ネイルポリッシュはシャネル&クリスチャンディオールの全色がそろう。

ネイルプロ:リテール商品も販売していますか?一番売れているのはなんですか?

Yukie:フェイシャルサービスでは日本産のフェイシャルコスメティックライン「コスメプラウド」がとても人気。 24金と琥珀を使ったアンチエイジングプロダクツ。金箔を使った肌のピーリングは一度でもきめが整い、肌がふっくらとつややかになる。最近アイクリームが発売された。

ネイルプロ: あなたのサロンビジネスに対していままでで一番うれしかったお客様からのコメントはなんでしたか?
Yukie : アメリカ最大の口コミ サイト「yelp」にはお客様からの嬉しいコメントがたくさん寄せられているが、中でも「私は完全に面食らった。誰も私に物を売りつけたり、強引にコースアップをさせたりしない」というコメントには、嬉しかったと同時にとても驚いた。
私たちは、「お客様」が心から望むサービスを提供する。 決して「私たち」の都合で売りつけたりはしない。そして、いつも「お客様が何を望んでいるか」に心を配る。この心構えが「最高のサービス」であることを信じている。

ネイルプロ:一番面白い・クレイジーなサロン話はなんですか?
Yukie:私たちのサロンは、とてもハイテクでユニークなバスルームの装備を備えている。皆が驚くので一度体験してください

ネイルプロ:他のサロンオーナーにアドバイスするとしたらなんですか?
Yukie : 私たちのお客様は、私たちのネイルケアを受けると必ず言うことがあります。
「マニキュアが痛くないものだってことを知らなかった」「ジェルやアクリルは痛くて爪を痛めるものだと思っていた」
今まで マニキュアでキューティクルの怪我をしたお客様がどんなに多いか、ショックだった。荒いファイリング、力づくのプッシュアップと無理やりはがす方法のジェルやアクリルオフ、切れないキューティクルニッパーをお客様は恐れている。顧客をつけるためには、スタッフの技術を常に見直し、向上させる、という基本と努力が大事。
薄利多売は私たちにとっては悲しいこと。私たちは「マニキュアリスト」と同時に「ネイルアーティスト」。最先端でクリエイティブな仕事に就いているプライドを持って、お客様に納得して頂けるスキルの向上を常に目指していきたい。結果はそこについてくる。

ネイルプロ : 最後にひとこと
Yukie :私のこれからの目標は、アメリカで「ネイルアート&ネイルスキルのアドバンススクール」を作ること。顧客単価が常に100ドルを超える、「セレブネイルアーティスト」を排出し、顧客サービス&テクニックを伝えていきたい。