名取由稀江オフィシャルブログ
2014.12.06

12月26日から値上げの為、今が申込ラストチャンス♪アメリカの国家資格ニューヨーク州ネイルライセンスを取得したいネイリストの方必見!

NY州ネイルライセンスを取得したいプロネイリストの方必見!

1225日までにご入校下さい!改訂前価格の10OFFにてご案内致します♪】

●渡米1回型:¥550,00010OFF495,000

●渡米2回型:¥453,60010OFF408,240

1226日よりドル高騰継続によりNY州ネイルライセンス取得価格改定決定

1226日より改訂後価格】

●渡米1回型600,000

●渡米2回型550,000

NY州ネイルライセンスQ&A

NYライセンスとは何か

⇒アメリカ(ニューヨーク州)でネイリストとして働く為の労働許可証。

アメリカでは美容職は全てライセンス制度の為、これが無いとネイリストとして働くことが出来ない

●日本の検定との違い

⇒ネイリスト検定→日本で一番認知度が高いネイルの内閣総理大臣認定資格(例:英語検定と同等)レベルに応じて

3級~1級まである。日本ではこの資格が無くてもネイリストとして働くことは出来るが、

技術のレベルを図る資格なのでスキルの証明となり就職、独立に便利。

⇒ニューヨーク州ネイルライセンス→アメリカの正式なネイリスト国家資格。

日本の美容師免許と同等のネイル専門資格。

取得後はニューヨークのライセンス局に「ニューヨーク州公認マニキュアリストとして名前が登録される。

資格習得の過程でネイルテクノロジ-(アメリカの高度なネイル専門学、サロン衛生学、解剖学等)を学ぶことが出来る。

●ライセンス取得の資格を得るためには

⇒アメリカの美容の法律に基づいて、

アメリカ政府に正式に認定された授業カリキュラムを持つ美容専門学校に入学し、

ネイルテクノロジー250時間を履修したのち受験資格が得られる。

ライセンスは本来アメリカ国民(ソーシャルセキュリティナンバー(各種税金を納める為に必要な社会保障番号)や

永住権を持つアメリカ国民)にしか発行されない。

●本当にライセンスが発行されるのか

アメリカでは現在ニューヨーク州のみが実際にライセンスが発行される。

カリフォルニア州やハワイ州では、「合格証明書」は発行されるが、

グリーンカード、ソーシャルセキュリティが無い場合、ライセンスは発行されず手元に届くことは無い。

当校在校生は開校以来500人を超えるネイリストがグリーンカード、ソーシャルセキュリティが無くても

正式にライセンスを手にする事が出来ます。(クリスティンバルミ―の日本校だからこそ無くてもライセンスが取得出来ます。)

●ライセンス取得後、どんなキャリアが得られるか

⇒社会的に通用する国家資格なので名刺や肩書に「ニューヨーク州公認ネイリスト」と記載出来、

ほかのネイリストとの違いがつけられる。

日本国内のみならず、海外で活躍するチャンスが得られる。

●ライセンスの合格率

⇒筆記試験、実技試験とも合格率100

●当校のライセンスプログラムの歴史、他校との違い、またそれはなぜか

①開校15年以来500名が受験し合格。ライセンスを手にする

②規程時間を日本校で履修でき、日本にいながらにしてライセンスの受験資格が得られる

③ネイルの基礎がある方、プロの方はより早く、低価格で受験が可能

④面倒な留学の必要も無く、よって簡単で低価格でのジ受験が可能

⑤ソーシャルセキュリティナンバー、ビザ、グリーンカードなどが無くても正式なライセンスが発行される

ほか