名取由稀江オフィシャルブログ
2011.09.15

9.11 グラウンドゼロ慰霊の灯篭流しにネイルスクールの生徒さんと参加しました。

ニューヨークと日本を行き来している私にとって、9.11アメリカ同時多発テロのことは忘れられない出来事です。 10年前、テロが起きてから3か月後に、生徒さんとともグラウンドゼロに慰霊に訪れたときは、まだあたり一面が瓦礫と埃にまみれ、ビルの窓ガラスも割れ、地面には大きな穴が空き、現場にはたくさんの花とメッセージがたむけられていました。  知人が被害にあったこともあり、この事件の悲しさ、凄まじさ、そして世界では何がおきているのか、考えさせられたことを覚えています。

そして今年も9.11の日をニューヨークで迎えることになり、ライセンス受験でニューヨークを訪れている生徒の野村さんとともに、ニューヨーク本願寺とボランティア団体が主催する「アメリカ同時多発テロ慰霊灯篭流しボランティア」に参加しました。 この日のニューヨークはあちこちで慰霊のイベントが行われており、会場に向かう道には車のボディに亡くなった方の名前を記した車の列がありました。

ここが灯篭流しが行われる、ダウンタウンのハドソン川に面した会場です。午後3時に集合し、夜の11時までボランティア活動に参加しました。

このイベントは、あの年から毎日欠かさず行われ、この日は日本からフジテレビの「ニュースジャパン」が密着取材に訪れていました。

イベントのニュース映像はこちらから