名取由稀江オフィシャルブログ
2011.12.10

ネイルUP! 新作ジェルネイルアートを撮影しました

来年1月発売の「ネイルUP」の撮影がありました。 毎回テーマが決められそのテーマをイメージしたネイルアートテクニックを発表します。 (まだ内容はナイショ)  私はマテリアルを発掘するのが好きで、よく銀座にあるItoyaや、アクセサリーパーツのショップに出没して、いろいろな素材をネイルに使えないか店内で考え込んでいます(笑) 気に入ったマテリアルが見つかったら、テーマのイメージをふくらませるために、インターネットでテーマの意味や画像などを心ゆくまでを検索。そしてジェルテクニックと組み合わせてみながら新作アートを考案します。(ここまでで数日、、) 今回はこんな面白い素材を使ってみました。

ランダムな発色の金箔と、薄ーいワイヤー。  さてどんなアートに変身??  それと同時に、ジェルのテクニックで使用しているのが最高級のコリンスキーで出来たブルーシュのジェルブラシ 「Gel-bb」!!

ブルーシュの筆は発売当時からの大ファン! フレンチ、デザインスカルプチュアネイルや3Dアートのテクニックもブルーシュの筆があったからこそ、あんなに繊細で高度なテクニックが行えるようになったと思います。 日本のネイルアートとともに歩んできた、プロフェッショナルなブランドです。  ジェルブラシだけで8種類あり、どんなテクニックにもぴったり合いますよ! 中でも秀逸なのがこのグラデーションブラシ!

私はグラデーションを作るのに、やや固めで発色のよいジェルを使っているのですが、このブラシはカーブ、幅、コシともに抜群! 先端の尖りとこの薄さ! 先端にジェルを少量つけて左右にはらうように何度も動かしていくだけで、エアブラシのような繊細なグラデーションがあっという間!に完成しますよ。 そして細かいアートテクニックはこちらの筆。 消え入るような先端の繊細さをみてください! この「消え入るような先端…」 が、とってもとっても大事なんです。

ジェルアートの基本は「ペイント」です。 アクリル絵の具で描いていくフラットアートです。 ネイルアートテクニックも今やジェルアートが主流になりましたが、このペイントアートテクニックをもう一度見直してみましょう。 繊細な筆を選び、筆圧を使って描くストロークの練習を重ねましょう。 きっと、あなたのジェルテクニックが劇的に変わりますよ!!

この日の撮影スタジオには、カルジェルの田賀美鈴先生もいらしていました。 新作アートもいち早く見せていただき、いつもながら超繊細なジェルアートに感動。 とっても気さくな田賀先生、モデルさんと一緒にぱちり。 1月末のネイルUP!を楽しみにしていてくださいね。